ビギナーからエキスパートまで楽しめる弐輪道CUP!

仲間と共にゴールを目指し、ゴールの感動と達成感を味わえる耐久レース。その魅力をミニバイクという親しみ易いカテゴリーで存分に楽しめるのが弐輪道CUPです。

レースは前回と同様に『エンジョイ2時間耐久レース』と『スポーツ3時間耐久レース』の2つを用意。申し込み時にご希望のクラスを選んでいただけます。ただし、エンジョイ2時間耐久レースには初心者の方でも安心して走れるように、特別ルールが用意されています。ラップタイムが49秒よりも速かった場合は、その周はノーカウントとなります。しかもグリッド順は抽選で決定。ビギナーの方がより「楽しむ」事ができるようになっています。エキスパートの方は、クラス分けされた同一カテゴリーの中でスポーツとして3時間耐久レースを思いっきり楽しんでいただけます!

2012年の第2戦は、お馴染み桶川スポーツランドでの開催。エンジョイ2時間耐久は『OPENクラス』と『SPクラス』を別に表彰します。対してスポーツ3時間耐久では『4st100ccクラス』と『2st50ccクラス』と『OPENクラス』の3つのクラスで表彰が用意されています。ただし走るのは全て混走となります。実際に走っていると、クラスの枠を超えてバトルが繰り広げられ、楽しむ事ができるのです。

早朝から大勢集まる参加者の皆さん

参加者の皆様のおかげで、受付→車検→ブリーフィングという毎度のことながら必須の手続きがスムーズに終わりました。ご協力ありがとうございました!

早朝からお集りいただき、受け付けから車検、そしてブリーフィングと時間通りに進む事ができました。スタッフ一同、心より感謝しております。ありがとうございました!

そして初心者の方や、セッティング中で「思ったように走れない」方などを対象に、今回もビブスを用意しました。ビブス着用ライダーへは「怖くないように」気をつけて抜いていただきます。今回もみなさまのご配慮をいただき、ビブス着用ライダーのみなさんにも楽しんでいただく事ができました。どうもありがとうございました!

初心者の方や自分のコンディションに不安のある方にはビブスを着用して走っていただきました。こうすることで周囲の他の参加者に気遣ってもらえ、レースに対する不安が大幅に軽減されます

練習走行や予選から楽しみ満載!

練習走行のラスト10分で明子ちゃんがフラッグを振り、スポーツ3時間耐久レースのグリッドの順番を決める予選がスタート

いよいよ走行開始です! エンジョイ2Hレースは抽選によってグリッドが決定しているので、練習走行のみ。スポーツ3Hレースは残り10分でグリーンフラッグが振られ、そこから予選の開始となります。

エンジョイレースに参加するチームはほのぼのとした雰囲気で進みます。このコースを走るのが初めての方や慣れていない方もいるので、慣れる事が最優先。走行を見ながら、笑顔で「ペースアップサイン」を出し続けるチームもありますが、「タイムはあんまり関係ないですね。練習ですよ、練習(笑)」といった所が本音のようです。

予選もあるスポーツレースでは、様々な想いが交錯します。「決勝の結果はともかく、グリッドだけは少し前の方にしたい」というチームもあれば「耐久なので、グリッド順位よりもみんなが慣れて、平均的に走れる事に重点を置いています」というチームもあるのです。これらが決勝に向けてどう作用するのか、それは始まってみないと分かりません。それぞれが目標に向って作戦を練って挑むのです。

スタートもほのぼの!エンジョイ2時間耐久レース

いよいよエンジョイ2時間耐久レースもスタート直前。スタートフラッグを振る明子ちゃんも興奮しています

さぁ決勝レースです! 最初はエンジョイ2時間耐久レースから始まります。抽選で決まった「運命のグリッド」へとマシンを並べ、スタートライダーが準備をしていきます。

上位グリッドとなったスタートライダーはかなり緊張気味。「こんな良い位置にいて…。エンストしたら目立ちますよね?」と落ち着かない様子。仲間からは「どこでも目立つでしょ(笑)」とからかわれていました。トップグリッドのチームも同様で、スタートライダーは緊張しまくっていましたが、仲間からは「一生に一度の事だから、楽しんで来いよ」と激励を受ける一幕もありました。

スタート方式は耐久レースではポピュラーなル・マン式。コースを挟んだ反対側へライダーが待機し、スタートと同時にマシンに向ってダッシュしてスタートするのです。あまり緊張が高まり過ぎると、マシンまでのダッシュをしている間に転倒する事もあります。

スタートフラッグは2りんかんギャルの藤原明子ちゃんが担当。笑顔で「がんばってくださ〜い」という想いを込めてフラッグを振ります。

エンジョイ2時間耐久レース開始

レースがスタートすると、コース幅いっぱいに広がり大集団で駆け抜けて行きます。この光景は何度見ても迫力があり、応援している仲間も観戦している人も気分が昂ります! 走っているライダーは、緊張や興奮が高まり過ぎるのも禁物で、しっかりと空いているポイントへ向けて思い切り加速する事が大切。そうすることでマシン同士の接触から転倒という事態を防ぐ事ができるのです。

一斉にスタート

スタートから数周を走れば、順位も落ち着きを見せて同じくらいの速さのライバルと楽しいバトルが展開されます。

あまりレースに慣れていない方は「とにかく一所懸命に抜こうとしていたので、抜いた時は気持ち良いですよね」とコメント。がんばった先に「抜いた」「抜かれた」という結果がすぐに出て来る所が大きな楽しみになります。

中には「初めてがんばっている姿を見ましたよ(笑)。楽しそうでしたね」と暖かい目で見守っている仲間がいるチームも。

スタートからある程度時間が経つと、自然と同じくらいの実力をもつライダー同士の競い合いになります

ライダーの交代でそれまでの順位が大きく変動することもあり、最後までレースが予測できないのが逆に楽しいのです。これも耐久レースの醍醐味

さらに時間が経過していくと、ライダー交代も始まります。「疲れるので」と交代回数が多いチームや「交代時間を削って上位を目指す」チームがあったりもするのですが、今回は多くのチームが「30分で交代」にしていた様子。ライダー交代は決められた『ライダー交代エリア』で行われるのですが、大いに混雑する一幕もありました。途中から数分ずらすなどの工夫をするチームもありましたが、ほぼ30分での交代に変更はなかったようです。

ライダー交代までの順位は、前に走っていたライダーの実力によるもの。交替後は順位とライダーレベルが一致しない事もしばしばです。速いライダーに交代して追い上げるチームもあれば、逆にポジションを下げて行くチームもありますが、楽しみは一緒。どこかで同じくらいのライダーと出会い、楽しくバトルが展開できます。

2時間耐久のラストは、感動のチェッカー!

トラブルに見舞われながらも協力し完走を目指す、これも耐久レースの醍醐味です。いろいろなドラマが繰り広げられながら、最後は明子ちゃんのフラッグでレースがフィニッシュ!

耐久レースでは、思わぬトラブルや転倒をする場合もあります。しかしその場合でも、みんなでがんばって復旧して再び走り出せるのが耐久レースの良いところ。エンジョイ2時間耐久レースでも、終わりが近付いた時にコースへ復帰していくチームもありました。

完走だけでも感動の耐久レースですが、入賞できたらその嬉しさはひとしおです。仲間と共に入賞を讃え合います

完走を目標に、チーム一丸となって走っているのです。それだけにチェッカーフラッグが振られた瞬間には感動が沸き上がります。

「2時間は思ったよりも長かったので、走り切れた事が素直に嬉しいです」という方々もいました。それだけに表彰の時は入賞していて驚くチームも。「入ってるってよ!」と慌てて仲間を呼びに行く事も珍しくありません。

今回表彰台に上がったチームはエンジョイ2Hレースを「卒業」となりますが、楽しむ気持ちを大切にして、次回はスポーツ3時間耐久レースへのご参加をお待ちしております!

result_enjoy

エンジョイSPクラス

  1. 58Kim.Brothers.Racing
  2. 60ホンダ学園@ミニバイク部
  3. 61ホンダ学園ミニバイク部

エンジョイOPENクラス

  1. 73モロヤマレーシング+カムイⅢ
  2. 83ECOモードRT
  3. 78それいけ!アンポンタン☆

迫力のスタートから始まったスポーツ3時間耐久レース

スポーツ3時間耐久レース開始

スポーツ3時間耐久レースは恵ちゃんのフラッグでスタート!

スポーツ3時間耐久レースのスタートは、迫力満点! 2りんかんギャルの古澤 恵ちゃんがフラッグを振ると同時にみんな全開です! そのスピードに、思わずスタッフが「速ぇ〜!」と声を挙げてしまうほど。スプリントレースのように序盤からペースが上がっていました。

もちろんチームにはそれぞれの作戦があり、速いライダーが最初に走るチームもあれば、後に控えている場合もあります。こちらのスポーツ3時間耐久レースでも30分毎の交代をしているチームが多かったのですが、交替後に順位が大きく入れ替わる事もしばしばでした。

エキスパート達が集まるスポーツ3時間耐久レースは「順位にこだわるレース」というイメージを持たれがちですが、やはりこちらも楽しみ方は様々です。上位を狙うチームもあれば、楽しみ優先で「とにかく完走」を目指すチームもあります。中には「初めて耐久レースに出る仲間が一緒なので、楽しんでもらえれば」と言いつつも優勝を狙っているチームも。目標は違えど、真剣に走っている事が楽しい、正にスポーツなのです。

コースの随所で激しいバトルが繰り広げられます。全体的にレベルが高いスポーツ3時間耐久レースではより熱い駆け引きが楽しめるのです

レースは順調に進んでいき、各所で2〜3台によるバトルが展開されていきます。レベルも高いので、抜きつ抜かれつは「勉強になります」とエンジョイ2時間に参加した方も真剣に見入っていました。

途中ではマシントラブルに見舞われ、ピットまで必死に押して行く姿も見られました。声には出さなくても「がんばれ! って思っちゃいますよね。やっぱり完走したいって気持ちは分かりますから」と他チームの方々も応援していました。

感動のチェッカーで喜びが爆発

陽も傾き、レースは最終盤へとさしかかります。最後を託されたライダー達は必死になってチェッカーフラッグを目指して走り続けています。そして遂にチェッカーが振られると、大きな達成感と感動が渦巻き、爆発するのです。思わずガッツポーズをする人、万歳をする人、様々な形で喜びがほとばしるのです。

「順位とか、良いに越した事はないんですけど、完走しただけでこれだけ嬉しいんだから、耐久レースは楽しいですよね」という言葉が出る通り、耐久レースは完走するだけでも意義も楽しみもあるスポーツなのです。

表彰式では、疲れと喜びが入り交じった、とても良い表情をみなさん見せてくれました。表彰台に上がれなかったチームも、同じ3時間を戦い抜いた「仲間」へ惜しみない拍手を送っていました。

result_sports

スポーツ2st50ccクラス

  1. 19班長's+笠井オート
  2. 3すまぐるK団+ツバサ17
  3. 16いっしーファミリー

スポーツ4st100ccクラス

  1. 4Zuzaaaaa!!Racig
  2. 8HOT'S
  3. 5MIGLIA

スポーツOPENクラス

  1. 38モトハウスマツモト&ベスラ
  2. 39ZERO ONE RACING
  3. 33モロヤマレーシング+カムイ八王子
レースの詳しいリザルトはこちら

観ている人も楽しめる弐輪道CUP

一際目立っていたのがこのドラえもんスタイルのマシン。こういった自由な楽しみ方ができるのも弐輪道CUPの特徴です

走られた方はもちろんの事、観戦していたみなさんも「いろいろな走りや自己主張があって楽しかったです」と楽しんでいただけるのが弐輪道CUP。ノーマル然とした車両やレーサーのレプリカ車両&ヘルメットはもちろんの事、ドラえもんスタイルも登場しました! オフロードのヘルメットを装着されている方もいて、「自由に楽しむ」方が大勢いらっしゃいました。

もちろん「白熱するバトルも観ていて楽しいです」と、走りもじっくりと見学して楽しんでくださっていた様子。2りんかんギャルの恵ちゃんも明子ちゃんも観戦を堪能していました。走って楽しい、観ても楽しい、それが弐輪道CUPなのです。

疲れを吹き飛ばすジャンケン大会!

表彰式が終わった後は、アフターミーティング。ここで盛り上がるのはジャンケン大会です! みなさまかなりお疲れだったと思いますが、ここでは吹き飛んでしまったようです(笑)。特にお目当てになる景品が出て来ると「思わず前に行ってしまいました(苦笑)」と、疲れを忘れて熱いジャンケンを繰り出していました。レースで上位に入ったツワモノ達が「2りんかんギャルはジャンケン強いっす…」としょんぼりしてしまう姿は、新鮮で笑ってしまいます。「結果は思ったより悪かったですけど、ジャンケンで勝ったから良しとします」という方もいて、大いに楽しんでいただけたようです。

耐久レースでクタクタなはずの参加者のみなさんも、このじゃんけん大会では再び元気に!豪華商品を狙って夢中でジャンケンしていました

みなさまご参加いただき、またレース進行にご協力をいただき、本当にありがとうございました!

次回は9月29日、茂原ツインサーキットでの初開催となります! 一体どんなレースが展開されるのか、スタッフ達も今から楽しみにしています! みなさまのご参加をお待ちしております!

また次回の弐輪道CUPでお会いしましょう!ありがとうございました!