ミニバイクからビッグバイクまでサーキットを楽しみまくった一日

今回走行会を開催した筑波サーキット・コース1000は見晴らしが良く安全性が高い。そして低速から高速コーナーまで体験できるので、初心者からベテランまで十二分に楽しめるコースとなっている

サーキットでご自身のバイクの楽しさを味わっていただくサーキット体感走行会。ミニバイクでレースの楽しさを味わう弐輪道CUP。バイクを楽しんでいただく為に、ふたつのイベントを開催させていただいています。いつもは別々に開催していますが、同じサーキットを通じて楽しめるイベント同士。筑波サーキット・コース1000というどちらでも楽しめる場所で垣根を超えて、みんなで楽しめるイベントを開催させていただきました。

今回ご用意したクラスは、ミニバイククラス、ミドルクラス、ビッグバイククラス、女性専用クラスの4クラス。これに革ツナギなしで走れる体験走行を加えて、ビギナーの方からベテランの方まで楽しめるようにしました。

そしてスペシャルゲストとして元MotoGPライダーの中野真矢さんも参加してくださいました。走行会の先導、そしてミニバイク耐久レースへも参加してくださり、大いに盛り上げてくださいました。サインをもらった方や、一緒に走って楽しんだ方がたくさん!思い出に残った事と思います。

中野真矢さんがスペシャルゲストとして登場!走行会の先導やミニバイク耐久レースへも参戦をしていただいた。一般の参加者の方々は、元MotoGPライダーと肩を並べてサーキットを走れることに興奮し会場は大いに盛り上がった

当日はみなさんの祈りが通じたのか、晴れで時々雲がかかる絶好のサーキット日和。暑過ぎず、そして寒過ぎず、思いっきり楽しみながら走っていただけます!

走行会は何はともあれ受付から。自分の参加するクラスに申請した後は車検へ

まず最初に受付と車検をしていただきます。車検は特別厳しい内容ではありませんが、安全に走行できるポイントを押さえてチェックさせていただいています。

万が一不具合があった場合も、スタッフがお手伝いさせていただきますので、ご安心ください。ただ、やはり前日までにしっかりと整備しておくと、忙しくならず安心です。もし事前のチェックに自信がないという場合は、店頭にてお申し付けくだされば点検・チェックができますので、お気軽にお申し付け下さい。

ミーティングでは安全性を高めるために、スタッフがサーキット上でのマナーや信号旗の解説をしっかりと行う

受付と車検が終ったら、ミーティングで安全とマナーについてのご説明をさせていただきます。難しい内容ではありません。今回はご参加いただいたみなさんがしっかりと聞いていただけたので、一日を通して大きな問題も起きず、楽しく過ごす事ができました。ありがとうございました!さぁミーティングが終ったら、いよいよ走行の開始です!

高速コースとなるミニバイククラス

通常のミニバイクレースを行うコースに比べて、ホームストレッチが長くコース幅も広いので、かなりの高速コースに感じられたようだ

日頃ミニバイクコースを走る事が多いミニバイククラスの皆様にとっては、かなり高速コースと感じられたようです。「ブレーキは1カ所しか使わないですね。いかにスピードを落とさないで走れるかを考えて走りました」とご参加いただいた方も考えながら走られた様子。

ミニバイクにとっては、ラインがたくさんあって「最初はどこを走って良いのか分からないくらいでした。勉強になりますね」とトレーニングにもなったようです。

ミニバイククラスは最後に90分の耐久レースが用意されていので、走行もかなり熱が高いものとなりました。

ちょうど良いと好評だったミドルクラス

ミドルクラスのパワーがコースとうまく噛み合い、のびのびと楽しめたようだ。ビックバイクとクラス分けされている事も安心感の向上に役立っていた

250cc、400ccのマシンで走るミドルクラス。こちらはマシンのサイズやパワーを含めてちょうど良いというご意見が多くありました。「思いっきり開ける区間も結構ありますし、適度にコーナーが忙しいので楽しいですね。いつも走っている本コースよりも楽しめちゃうかも?」とおっしゃる笑顔がとても輝いていました。特に4ストローク250ccのマシンに乗っている方にはちょうど良いコースと感じられたようです。

また、ビッグバイクとは別クラスとなっている事で「より安心して走れますよね。ビッグバイクの走行を見ていると、やっぱり加速が物凄いのでビビっちゃいます(笑)」との事。やはりマシンのパワー差が少ない方同士で走る事で、より安心して楽しめるようです。

ミドルクラスの様子

また、このクラスを見学していた人からは「懐かしい音ですよねぇ。昔は大型二輪は高嶺の花で、ツーリングに行ったらこういう音ばかりでしたから(笑)」との言葉もありました。既に絶版となったバイクから現行のネオスタンダードまで、幅広い車両のご参加があったこのクラス。昔を懐かしむ事もできたようです。

テクニック向上に役立ったビッグバイククラス

ビッグバイククラスの様子

ハイパワーなビッグバイククラスには、テクニカルコースとなります。最初の走行では「中々スロットルが開けられないです…」と戸惑っていた方もいらっしゃいました。しかし「馴れるというよりは、マーシャルの方々が走っている後ろにいる時などに、走り易さを感じて…」と見る見る上達。走行が進むに連れて、スロットルを開ける量が増えていっていました。「ただ開けるのではなく、開けられるようにラインを考えたり、コーナリングをしたり、色々と勉強になりました」という声が多く聞かれました。

ハイパワーなビッグバイクにとっては細かいコーナーの繰り返しで、テクニカルコースとして感じられていた様子。マーシャルの走りを参考にラインを意識して走るなど、技術向上にはうってつけのコースだったようだ

また「大きなコースだとスピードが出過ぎる」と、怖さがなく走れるメリットも大きかったようです。「ほのぼのと走らせてもらいました」と笑顔で言っていただけると、スタッフも元気をもらえます!

安心感が大きい女性専用クラス

今回はより女性に安心して走っていただこうと、女性専用のクラスをご用意。やはり走り方にも女性らしさが出てくるので、周りも同じ女性だと安心感が違うと好評だった

今回は女性専用のクラスもご用意。多くの女性ライダーにご参加いただきました。「本当なら、ビギナーとか同じくらいの速さの人と走れば良いと思うんですけど、やっぱり安心できます。女性同士の方が気遣いの仕方が似ているんだと思います」と、圧倒的な安心感が得られるようです。

また、速い女性ライダーを目の前にして「憧れます。私もああなりたいなって思いました」と刺激も受けた様子。

実際に走行を見てみると、速い方もいらっしゃいましたが、みんなが伸び伸びと走っていました。

サーキットをより身近に感じられる体験走行

今回はサーキット未経験の方へ、体験走行をご用意しました。サーキットを走るには革ツナギやレーシングブーツ、レーシンググローブなどの装備が必要となり、初めて走る方にとってはハードルが高くなってしまいます。走行会でもレンタルツナギなどをご用意していますが、最初はやはり「ちょっと怖いです…」という方が多いのも事実。そこで革ツナギなどがなくても、ライディングウエアで参加できるクラスで、走行はフル先導とさせていただきました。

体験走行の様子

サーキット未経験の方を対象にした“体験走行”はのんびりと走りながらサーキットに慣れて頂いた。革ツナギやブーツなど通常は必要な装備がなくても走れるので気軽に参加できると好評だった

肘と膝のパッドは必須ですが、これはライディングスクールでもレンタルしているパッドをご用意しました。とにかく手軽に安心してサーキットを楽しんでいただけるようにしたのです。

先導付きの走行は、その方のレベルに合わせて「楽しく」走っていただく事に終始。ちょっと遅れてしまった方には、待機しているスタッフが途中からでも先導に入りますので「遅くても気兼ねなく走れました」と言っていただけました。

「対向車もいませんし、歩行者の飛び出しもありませんし、公道よりも安全なんですね!スピードを出したいならサーキットと言われる理由が分かりました」と初めてのサーキットに感動した方もいっぱい。中には「次は先導なしで、サーキットを走ってみたいですね。装備を買っちゃおうかなぁと思いました」とサーキットの楽しさに夢中になってしまった方も。

通常の走行会でも、ビギナークラスがありますので、安心して走っていただけます。ぜひご参加ください!

インストラクターによって走りが変わる!

より上手くなりたいという方々のために、インストラクターとして来ていただいた『SRTT』の内藤栄俊さんと長田政樹さん

今回もビギナーの方や「もっと上手になりたい!」という方へ、インストラクターの方においでいただきました。優しく、そして的確にアドバイスしてくれるSRTTの内藤さんと長田さんがおいでくださいました。「こちらのコースはショートコースですが、本コースであるコース2000を走る為のトレーニングには最適なんです。ここでしっかりと走れるようになれば、コース2000でも楽しく速く走れるようになります」と内藤さん。

その言葉通り、レクチャーを受けた方は走りがスムーズになっていきます。「ただスロットルを開けると言えば簡単なんですが、実際には中々開けられなくて…」と悩んでいた方も「アドバイスをもらった後は、ラインを変えただけでスロットルが大きく開けられました!コーナーを出てからの加速が気持ち良くなりました!」と感動していた様子。走りに無理がなくなると「怖くなくなるんです。今までどれだけ無理な走りをしていたかが分かりました(笑)」と走りが激変するのです。

自走ライダーも参加し易い走行会

自走参加者のために専用スペースを確保。トランスポーターなど大がかりなマシンの運搬手段が用意できなくても、気軽に参加できるようにしている

走行会へ参加の方には、車にバイクを積んで来られる方と、自走で来られる方がいらっしゃいます。今回に限らず、全ての走行会において自走でも参加していただき易いようにと工夫をしています。

まず自走の方は場所を確保しておく事が難しいので、専用のスペースをご用意しました。

個人での参加の方でも走行中に荷物の心配をしなくていいように、常にスタッフがいるクロークをご用意

さらに走行している間に心配なお荷物をお預かりするクロークもあります。「荷物は本当に心配でした。良い人ばかりだと信じてはいますが、万が一って事もあるので…。クロークは常に人がいらっしゃるので、安心です!」と好評いただけました。

そしてブリヂストン様のご協力をいただき、タイヤの空気圧チェックを無料で行いました。公道を走る際の空気圧とサーキットを走る時の空気圧は違います。走行前にサーキット用にセットし、帰る時には公道用へセットし直す事で、より安全にお楽しみいただけます。

ブリヂストン様の協力で空気圧チェックが無料で利用でき、自走参加者の方々に喜ばれていた

最後にはミニバイク90分耐久レース!

初心者でも参加しやすいミニバイク90分耐久レースを開催!90分とはいえスタートの緊迫感と迫力は、本格的な耐久レースに引けをとらない

一日の走行の締めくくりにミニバイク90分耐久レースを開催しました。日頃弐輪道CUPにご参加の方も、初めて耐久レースに参加する方も楽しんでいただけるように、グリッドは抽選にて行いました。

スタートは鈴鹿8耐などでも採用されている「ル・マン式」。マシンが脇に並び、コースを挟んで反対側にライダーが並びます。スタートと同時にライダーがダッシュし、マシンに跨がって走り出す!このスタートシーンは迫力満点!観ている人も楽しめます。

耐久レーススタート

中野真矢さんも飛び入り出場し、みなさんと一緒に楽しんでくださいました。「レースなのに転倒も少なくて、本当に大人の楽しみ方を教わりました。僕も楽しませていただきました」とコメント。レース中は場内放送で解説もしてくださり、大いに盛り上がりました。

ミニバイク耐久レースに中野真矢さんも参戦!憧れの元MotoGP選手とレースの駆け引きができて、参加者の方々の胸が熱くなっていた様子

トランスポンダー(計測機器)を付け替えてそれぞれのマシンで走るチーム(写真左)もあれば、同じマシンを乗り継ぐチーム(写真右)もあり楽しみ方はチームそれぞれ

90分とは言え、やはり耐久レース。みんなで協力しながらゴールを目指す楽しみは変わりません。ハイアベレージで周回を重ねるトップチームもありますが、楽しみを優先して「ビギナーライダーにどんどん走ってもらう」チームもあります。ライダー交代は決まったエリアで行われますが、ひとつのマシンを繋ぐチームもあれば、それぞれが自分のマシンを用意してトランスポンダーを付け替えて走るチームもあります。「仲間のマシンで転倒すると、気が引けるので」という方はそれぞれのマシンを用意するのです。

コース上ではラインの自由度が高い為、各所でバトルが展開されます。順位だけでなく「目の前のライダーは抜きたい」という気持ちが前面に現れています。しかしその一方で、ライダー交代で次のライダーが用意していなかったり、ガソリン給油なのにタンクを開ける道具がなかったりとハプニングも飛び出します。「疲れちゃうので、焦らずゆっくりと」と歩いている方もいて、ほのぼのムードも満点です。

耐久レースではコース以外でもピット上の駆け引きや、マシントラブルの対応、仲間の応援など様々なドラマが生まれる

陽が傾き、オレンジ色に周囲が染まる中、遂にチェッカーフラッグが用意されます。最後のライダー交代も終わり、仲間がみんなピットロードで声援を贈ります。そのチームワークは、耐久レースならではのものでしょう。

ゴールの瞬間は順位に関係なくみなさん拍手と歓声でライダーを出迎えます。ピットロードが拍手に包まれる感動の光景です。

ゴールの瞬間をチームメイトが総出で祝い、互いの健闘をたたえ合う。この瞬間は耐久レースの時間に関係なく、何ものにも代えがたい喜びがある

ミニバイク90分耐久レース 入賞チーム

2st50ccクラス

  1. 117坂本さん/山内さん チーム
  2. 105瀧本さん/瀧本さん チーム
  3. 113小沢さん

4st100ccクラス

  1. 97佐藤さん/新井さん チーム
  2. 93木村さん
  3. 103柳田さん/大谷さん チーム

OPENクラス

  1. 83向山さん/中沢さん チーム
  2. 89山田さん
  3. 88森さん/福田さん チーム

笑顔で終った楽しい一日

走行が全て終り、アフターミーティングとなりました。走行会だけでなく、90分の耐久レースでも驚くほど転倒が少なかった一日。「みなさんがルールとマナーを守ってくださったお陰です」とスタッフも喜びと感動に包まれました。みなさん、ご協力ありがとうございました!

レースの表彰を行い、その後はジャンケン大会。ジャンケン役は中野さんが努めてくれます。ラダーレールやヘルメット消臭器などなどの豪華景品が目白押しで、みなさん走行後の疲れた体でも盛り上がっていただけました。

ジャンケン大会

アフターミーティングの最後は恒例のジャンケン大会!今回も中野真矢さんにジャンケン役をしていただきました。ライダーだけでなく来場者全員に豪華賞品ゲットのチャンスがあるので大盛り上がり!見事賞品をゲットした方々は疲れを忘れ満面の笑み

サーキットを思い切り楽しんでいるみなさんの笑顔に、スタッフ一同も大いに元気をもらいました。ミニバイクでは弐輪道CUPが11月17日に開催されます。また、コース2000で行われる体験走行会はまた来年も開催させていただきます!

また来年の走行会でお会いしましょう!ありがとうございました!